e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
「イージス・アショア」は日本の抑止力強化に不可欠   
投稿者:加藤 成一 (兵庫県・男性・元弁護士・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-07-05 19:39 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3355
 日本政府は2017年12月19日閣議決定した地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入につき、秋田県と山口県の自衛隊演習場に配備する計画を推進している。日米が共同開発中の射程2000キロ、迎撃高度1000キロの新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」搭載可能「イージス・アショア」は、24時間365日大気圏外を飛行する高速の弾道ミサイルを追跡する高性能レーダーと日本国内に向かってきたミサイルを撃ち落とす迎撃ミサイルからなる。海上に展開するイージス艦と比べて地上配備型であるため補給や整備が容易で、切れ目のない監視態勢を維持できるメリットがある。一基1000億円、二基で2000憶円とされるが、高性能レーダーのため二基で日本全土をカバーできる。米国ハワイに「イージス・アショア」による迎撃ミサイル実験施設があるが、米国の迎撃実験では一定の有効性が確認され、さらなる技術開発が進められている。

 これにより、海上配備型イージス艦、地上配備型「イージス・アショア」、地上配備型弾道ミサイル迎撃システム「PAC3」による三段構えで、日本全土をミサイル攻撃から防御するミサイル防衛体制が一層強化される。「イージス・アショア」は、NATO(北大西洋条約機構)のミサイル防衛の一環として既にルーマニアとポーランドに配備されている。イランの弾道ミサイルを対象とするとされているが、ロシアは自国を対象としたものであると非難している。日本に「イージス・アショア」二基が配備されれば、現在展開中の海上配備型イージス艦六隻との連携による補完的重層的な対応も可能となり、弾道ミサイルに対する追跡能力が向上し、カバーできる迎撃範囲が拡大する。迎撃ミサイルの絶対数も増加し、したがって対処できる弾道ミサイルの数も増え、日本の抑止力強化に有益である。配備費用二千億円は、一億二千七百万人の日本国民の命と国の存立を守るための追加コストとして過大とは言えないであろう。

 しかるに、早くも、共産党などの一部野党や朝日新聞などの一部マスコミは、最近の米朝首脳会談などによる朝鮮半島の緊張緩和ムードを理由として、「イージス・アショア」の配備に反対ないし再考を主張している。しかし、日本の防衛力の整備と抑止力の強化は目先の現象や情勢に左右されてはならず、中長期的な視点からの万全の対応が不可欠である。朝鮮半島の「非核化」についてもいまだ不確実な要素が多いうえ、今後の「非核化」交渉の成り行き次第では再び米朝の緊張が激化し、したがって朝鮮半島の緊張が再び高まる事態も想定しておかねばならない。

 のみならず、「イージス・アショア」の配備は、何も北朝鮮だけを対象とするものではない。急速に軍備を拡大して南シナ海の人工島を軍事基地化し、尖閣・沖縄を含む東シナ海及び西太平洋の制海権を狙う中国の覇権主義的な海洋進出は看過できない。尖閣諸島及び沖縄防衛のためにも、中国の弾道ミサイル攻撃や、巡航ミサイル攻撃などに対する「イージス・アショア」による迎撃能力の強化は必要不可欠である。ロシアは配備に反対の意思を表明しているが、これは攻撃用ミサイル発射も可能であることを含め「イージス・アショア」の有効性を認め、抑止力強化を懸念するからである。なお、レーダーが発する電磁波による影響や、攻撃対象になるとの懸念が指摘されるが、前者は住宅地との一定の距離を確保することや、レーダーの発射角度などにより技術的対処が可能であり、後者は「イージス・アショア」の配備により日本の抑止力自体が強化されるから、むしろ攻撃そのものを防止することになる。「イージス・アショア」は、是非はともあれ「専守防衛」を国是とする日本にとっては、防御システムとして弾道ミサイル攻撃に対する抑止力強化のために必要不可欠であり、速やかな配備と運用が望まれるのである。

No タイトル 投稿者 日時
3446 (連載2)移民政策と植民地主義の共通点 ←  (連載1)移民政策と植民地主義の 倉西 雅子 2018-11-16 05:54
3445 (連載1)移民政策と植民地主義の共通点 倉西 雅子 2018-11-15 20:02
3444 (連載2)試練を迎えた中国の新聞学院 ←  (連載1)試練を迎えた中国の新聞学 加藤 隆則 2018-11-13 07:49
3443 (連載1)試練を迎えた中国の新聞学院 加藤 隆則 2018-11-12 14:01
3442 韓国大法院「徴用工判決」はウィーン条約26条違反 加藤 成一 2018-11-10 20:37
3441 先の日印首脳会談の考察 中山 太郎 2018-11-08 13:41
3440 バチカンにみる中国の対台湾外交攻勢 中山 太郎 2018-11-06 11:44
3439 日韓は薄氷の関係に 岡本 裕明 2018-11-06 10:15
3438 国による行政不服審査請求「適格性」の法理 加藤 成一 2018-11-05 19:54
3437 文大統領の苦しい国家運営と支持率の関係 岡本 裕明 2018-11-02 19:19
3436 「元徴用工」判決が生む無際限なリスク 松田 純 2018-11-01 14:31
3435 安倍総理訪中から考える 中山 太郎 2018-11-01 12:28
3434 沖縄県に対する行政不服審査請求は違法か? 加藤 成一 2018-10-31 10:49
3433 相次ぐ謎の要人拘束は習主席の悪あがき 田村 秀男 2018-10-30 11:26
3432 (連載2)金正恩になびく文在演とトランプの警鐘 ←  (連載1)金正恩になびく 斎藤 直樹 2018-10-25 08:45
3431 (連載1)金正恩になびく文在演とトランプの警鐘 斎藤 直樹 2018-10-24 21:38
3430 INF全廃条約離脱の真意は対中国? 倉西 雅子 2018-10-23 19:56
3429 ブレット・カバノー氏のスキャンダルについて 佐藤 七海 2018-10-22 14:19
3428 「日本はガチンコ外交に備えよ」を読んで思う ←  (連載2)日本はガチンコ外交 中山 太郎 2018-10-22 12:30
3427 古色だったビットコインの発想 倉西 雅子 2018-10-19 21:09

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]