e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
最近のロシアを中心とした国際情勢について   
投稿者:中山 太郎 (東京都・男性・非営利団体非常勤職員・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-07-11 21:24 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3115
 香港の国際問題研究家が内話として次のように述べている。傾聴すべき意見だと思うので、紹介する。6月29、30日にモスクワで開催されたシンクタンクの会議「PRIMAKOV READING」に参加した。会議には、今年94才になる米のキッシンジャー博士が出てきて、米ロ関係は、長い年月の間良くなったり悪くなったりした。日露戦争の時には、米が日本に加勢したので、日本が勝ち、(米ロ関係は)悪くなり、第二次世界大戦当時は、良かったなどと述べた。

 会議にはプーチン第一の側近とも言われるYURI USHAKOVが冒頭のスピーチをするなど、ロシアでもポスト・プーチンに向け、少しずつ動きもあるように見えた。中国においても、習近平が今秋の党大会で、通常の2期合計10年のみでなくそれ以上の期間を担当するとの年当初にあった見方は、消えわからなくなった。専制国家中国の人気のなさは、中国が自国民と呼ぶ香港、台湾での状況を見れば一目瞭然だ。7月6日、ブリュッセルでの首脳会談で大枠合意された日・EU経済連携協定(EPA)は、世界最大級の経済規模を誇るもので、両者の間で、多くの関税の撤廃が行われる。勿論、細かい詰めにまでは若干の時間はかかるだろうが、世界の関心を集めた。最近は日本について無関心な米紙「ニューヨークタイムズ」の一面でも大きく取り上げられ、米国での強い関心がうかがわれる。

 しかしながら、物事には何事でもよい面と悪い面がある。一部米国人の反感を買ったことに、日本人は気をつけねばならない。EU側では、メルケル独首相が、G20首脳会議前の大枠合意へ発破をかけたとも聞く。米のトランプ大統領への当てつけだ。西欧各国は、駄々っ子のような、トランプ政権に対し、怒ったり驚いたりの振りをしているが、実際にはもはや米がなんでも口出しする代わりに、よく面倒を見てくれた良き時代は去ったのだと達観しているやに見える。独の研究者が、日本はメルケル首相が11回以上も訪中しているのに訪日はG7などでの1~2回などと非難するが、安倍総理はプーチンと18回以上も会っている。日本は、独はじめ西欧諸国が中国の覇権主義的な態度にあまりにも留意しないと責めるが、日本もロシアのそうした態度に反発しないのではないのかと述べていた。

 彼は、ロシアは中国との関係強化、その活用を第一にしており、日本の希望する領土の割譲などのラインには乗ってこないのではないか、勿論、ロシアは、中国の弟分になることは絶対認めないし、常に独自の立場を取ろうとするだろう。これからの国際情勢は、米はあまり頼りにならず、EUも中々意見の統一が難しい。その一例が、南シナ海問題での国際仲裁裁判所判決にEUの意見表明が遅れ、世界でのインパクトが薄れたことがあげられる。EUの中には、個別に対ロシア接近を図っているところもあるようだ。一方、ASEAN各国のエリート層は、やはり自由、国際法を守ることをベースに米との関係維持に努め、南シナ海問題では大波が起こらないよう気を配っている。そうした意味からも、ASEAN各国での日本、EUに対する人気、期待は大きい。彼らが、恐れるのは、ジャイアン的な米中両国のはざまに置かれ、彼らからどちらを選ぶのかといわれることだ。

No タイトル 投稿者 日時
3205 今次ASEAN+3首脳会議の評価 菊池 誉名 2017-11-24 14:34
3204 北朝鮮を巡る米中の動向 中山 太郎 2017-11-24 12:21
3203 バフェット指数が映す株価黄信号 田村 秀男 2017-11-22 21:25
3202 全世代型社会保障への転換に向けて 鈴木 馨祐 2017-11-20 11:13
3201 (連載2)米中会談から日本が汲むべきメッセージ ←  (連載1)米中会談から日 加藤 隆則 2017-11-16 16:28
3200 最近の中国問題についての米学者の一つの見方 中山 太郎 2017-11-16 11:52
3199 (連載1)米中会談から日本が汲むべきメッセージ 加藤 隆則 2017-11-15 21:10
3198 異常な韓国の株高 田村 秀男 2017-11-14 13:13
3197 気候変動対策に果たす機関投資家の役割 鈴木 馨祐 2017-11-13 20:44
3196 米中の緊密化と日中の希薄化 加藤 隆則 2017-11-10 11:46
3195 (連載2)朝鮮半島危機と米朝対話の可否 ←  (連載1)朝鮮半島危機と米朝対話 斎藤 直樹 2017-11-10 08:14
3194 (連載1)朝鮮半島危機と米朝対話の可否 斎藤 直樹 2017-11-09 18:57
3193 アメリカの若手下院議員との意見交換 鈴木 馨祐 2017-11-09 17:35
3192 中国との通貨スワップに頼る韓国の金融不安 田村 秀男 2017-11-07 22:01
3191 中国の反腐敗運動のダブルスタンダード 倉西 雅子 2017-11-04 13:33
3190 (連載2)習近平政権の上海人脈にみられる政治闘争 ←  (連載1)習近平政権の 加藤 隆則 2017-11-03 10:59
3189 平壌宣言という悪しき前例 倉西 雅子 2017-11-03 10:53
3188 (連載1)習近平政権の上海人脈にみられる政治闘争 加藤 隆則 2017-11-02 21:42
3187 成長率高ければ自民得票率が上昇 田村 秀男 2017-10-31 23:01
3186 習近平政権2期目の「新時代」的人事 加藤 隆則 2017-10-28 13:46

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]