e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)グローバリズムと保護主義の狭間で揺れる中国  ツリー表示
投稿者:児玉 克哉 (愛知県・男性・社会貢献推進機構理事長・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-02-07 17:39  
>>>この投稿にコメントする
No.3009
 2017年も既に1ヶ月が過ぎた。この1ヶ月の間に今後の世界を左右する出来事が多く起きた。まさに歴史的転換点にふさわしい1ヶ月といえた。激動の時代の中で先進国の国々が注視せざるを得なかった出来事が2つある。1つはアメリカのトランプ大統領就任で、もう1つがダボス会議であった。トランプ大統領は就任するやいなや、アメリカ第一主義を明確に打ち出し、難民・移民を受け入れない方向と保護主義の政策を展開している。メキシコとの国境に壁を作ることも真剣に考えている。アメリカとメキシコの国境は長く3,000キロを超える。年間100万人が不法的移動をしている。世界で最も不法的移動が行われる国境であり、アメリカはこれまでにも問題視し対策を行ってきた。これまでにも既に壁は作られており両国の国境の3分の1ほどに金属製の柵や壁がある。砂漠地帯にはまだ壁や柵はなく現在も命をかけた越境が行なわれている。トランプ構想はさらに頑強な壁を国境全てにつくるというものだ。イスラム圏からの移民や難民に対しても厳しい政策をとろうとしている。トランプ大統領はシリア難民等の受け入れ停止やイスラム教徒の多い国への入国ビザの発給停止等を盛り込んだ大統領令にも署名した。まさにアメリカに巨大な壁をつくりつつある。

 また貿易に関しても完全に保護貿易の方向だ。日本にとっても大きな懸案であった環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に対して、トランプ大統領は離脱を正式に発表した。メキシコとの貿易に対しても厳しい態度を示している。メキシコの貿易額は年間で計5,000億ドルにも達しており、お互いに重要なパートナーのはずだ。しかしトランプ氏はNAFTA批判を続けており脱退も示唆している。中国、日本、韓国などとの貿易についても、アメリカが有利になるように主張している。自由貿易のリーダーとしての誇りを捨て去るような方向を打ち出している。世界経済の大きな懸案になっている。

 1月17日~20日に開催された世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で、初参加の習近平中国国家主席が行った演説には多くのメディアが注目し、様々にその意味するところを評論している。中国の苦悩と戦略が垣間見える。内憂外患の中にある中国という国家の主席として、習近平氏が言及しておきたかったことは何か?それは、1つは「保護主義の牽制」であり、もう1つは「パリ協定の堅守」だ。かつての中国からは考えられないような展開だ。習近平氏は、保護主義に関して次の様に発言した。「世界を取り巻く多くの問題は、決して経済のグローバル化がもたらしたものではない」と断じ、「(世界の)異なる人たちがグローバル化の利点を分け合えるようにすることが、我々世界のリーダーがこの時代に果たすべき責任だ」とリーダー達の保護主義傾倒を牽制した。トランプ新大統領の保護貿易主義を念頭に置いた発言だ。今後の世界に於いて中国が自由貿易のリーダーシップを果たすと言わんばかりだ。

 ただその中国も実情は複雑で、自由貿易へのアクセルと中国から外貨が流出しないように「保護」する自由貿易へのブレーキとを同時に踏んでいる状態といえる。とはいえ、中国はかつて2010年に世界貿易機関(WTO)加盟に至るまでは、経済のグローバル化に対して疑いを持ち、中国の経済発展に大きなマイナスの影響を与えるのではないかと自ら保護主義にこだわってきた。こんなにも世界情勢が変化したのかと隔世の感がある。パリ協定に関しては、「パリ協定は世界の発展の方向と一致しており、共に堅守すべきで放棄してはいけない。これは我々が負わなければならない次の世代に対する責任だ」と支持を表明した。中国はまぎれもなく環境後進国であった。中国のいいかげんな環境対策は、スモッグで覆われた空、様々な色に濁り、汚染された川、化学物質にまみれた土壌を作ってきた。その中国が環境対策で、前向きに取り組むことを宣言しているのだ。これも驚きの変化といえる。(つづく)

No タイトル 投稿者 日時
3103 アフガニスタンの対応からみる大統領の責任放棄 川上 高司 2017-06-22 22:25
3102 (連載2)只見線と鉄道軌道整備法改正案について ←  (連載1)只見線と鉄道軌 鈴木 馨祐 2017-06-21 23:22
3101 (連載1)只見線と鉄道軌道整備法改正案について 鈴木 馨祐 2017-06-20 16:37
3100 (連載2)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7 ←  (連載1)トランプで 田村 秀男 2017-06-18 09:19
3099 (連載1)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7首脳 田村 秀男 2017-06-17 13:27
3098 (連載2)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で ←  (連載1)農業・漁業 児玉 克哉 2017-06-15 09:26
3097 トランプ対マスコミの対立は長丁場に 杉浦 正章 2017-06-15 09:17
3096 (連載1)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で 児玉 克哉 2017-06-14 23:42
3095 日本学術会議の「軍事的安全保障研究禁止」は現在も妥当か 加藤 成一 2017-06-13 18:52
3094 北朝鮮の核・ミサイル、圧力かけるべきは習主席 田村 秀男 2017-06-09 22:04
3093 (連載2)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする ←  (連載1)パリ協定か 鈴木 馨祐 2017-06-08 10:37
3092 (連載1)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする中国 鈴木 馨祐 2017-06-07 12:13
3091 最近の国際情勢から考える日本の取るべき道 中山 太郎 2017-06-06 08:23
3090 世界を揺るがす米国の外交政策転換 川上 高司 2017-06-05 16:03
3089 トランプ大統領の信認低下が景気を壊す 田村 秀男 2017-06-03 11:28
3088 本質は既得権益を擁護する官僚との戦い 杉浦 正章 2017-06-02 06:20
3087 党と中国企業のための「一帯一路」 田村 秀男 2017-05-31 16:36
3086 朝日は「破廉恥次官」が正義の味方か 杉浦 正章 2017-05-30 09:52
3085 (連載2)いわゆる「こども保険」の実現に向けて ←  (連載1)いわゆる「こど 鈴木 馨祐 2017-05-28 11:20
3084 (連載1)いわゆる「こども保険」の実現に向けて 鈴木 馨祐 2017-05-27 11:51

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]