e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
トルコはアジアかヨーロッパか   
投稿者:川上 高司 (東京都・男性・拓殖大学教授・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-01-31 10:52 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3005
 2016年11月、トルコのエルドガン大統領はウズベキスタンからの帰国途上、「トルコは何が何でもEUというわけでは・・・SCO(上海協力機構)もあるし」 と記者団に漏らした。 この意味深な発言はこの先の大きな地殻変動を予言しているかもしれない。トルコは長年ヨーロッパとの関係を重視し、NATOに参加しEUにも加入しようと努力してきた。もっともEUには拒否されたが。そのトルコがどうやらアジアに目を向けるようになってきたのだ。

 上海協力機構とは、中国、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、タジクスタンの5カ国が発足させたユーラシアの経済協力機構である。現在はウズベキスタンが加入し、オブザーバーとしてモンゴル、イラン、ベラルーシ、アフガニスタン、インド、パキスタンが参加、2012年からはトルコが会議参加国となっている。いわばユーラシアを網羅する広汎な国際機構である。このSCOにトルコが正式加盟すれば、ヨーロッパからユーラシアにかけての地殻変動が起きる。

 トルコはEU加盟を実現するべく、国の民主化を進めイスラム色を薄めて世俗主義を採るなどの努力をしてきた。しかしそれが拒否されると次第にエルドガン大統領はイスラム色を強め独裁色を押し出すようになってきた。さらにヨーロッパの反イスラム傾向、反移民、反シリア難民などのナショナリズムの台頭で関係が悪化、トルコにとってヨーロッパの魅力は薄れてきたといえる。そこへロシアが外交攻勢を強め、関係の改善を進めた。シリア問題で対立しつつも爆撃機が撃墜されても、大使が殺害されても外交を荒立てず穏便にすませる一方、パイプラインやエネルギー問題で圧力をかけてトルコを取り込んでいった。

 ロシアの狙いはトルコをNATOから引きはがして安全保障上の不安を取り除き、パイプラインのハブとして自由に活用できるようにしイスラムテロとも共闘していくことにある。トルコはシリア問題でもロシアと妥協しアサド大統領の存続を認めるかもしれない。そうなればシリア内戦は一気に解決に向かう。ヨーロッパにとってはトルコのNATO離脱はイギリスのEU離脱よりも衝撃が大きいだろう。いままさに古代からのテーマ、トルコはアジアなのかヨーロッパなのか、というオセロゲームが始まろうとしている。

No タイトル 投稿者 日時
3079 (連載2)波紋を呼んだFBI長官の解任 ←  (連載1)波紋を呼んだFBI長官 川上 高司 2017-05-19 10:41
3078 朝日と民共の「加計疑惑」は空鉄砲に終わる 杉浦 正章 2017-05-19 06:12
3077 (連載1)波紋を呼んだFBI長官の解任 川上 高司 2017-05-18 11:08
3076 (連載2)気候変動とBrexitにおける日本の立場 ←  (連載1)気候変動と 鈴木 馨祐 2017-05-16 18:15
3075 (連載1)気候変動とBrexitにおける日本の立場 鈴木 馨祐 2017-05-15 21:02
3074 「『最近の歴史認識問題について』を読んで」への回答 ←  「最近の歴史認識問題 中山 太郎 2017-05-12 13:25
3073 「最近の歴史認識問題について」を読んで ←  最近の歴史認識問題について 橋本 宏 2017-05-11 21:27
3072 (連載2)日本が存在感をみせて北朝鮮危機の収束を ←  (連載1)日本が存在感 児玉 克哉 2017-05-09 10:53
3071 韓国「金正恩バブル」の摩訶不思議 田村 秀男 2017-05-09 10:51
3070 (連載1)日本が存在感をみせて北朝鮮危機の収束を 児玉 克哉 2017-05-08 18:13
3069 「為替操作国」見送りにせせら笑う中国 田村 秀男 2017-04-28 12:40
3068 最近の歴史認識問題について 中山 太郎 2017-04-26 13:01
3067 (連載2)アメリカは北朝鮮にどのように攻撃するのか ←  (連載1)アメリカは 児玉 克哉 2017-04-26 10:27
3066 米の対中通商政策は日本に恩恵 田村 秀男 2017-04-25 18:01
3065 (連載1)アメリカは北朝鮮にどのように攻撃するのか 児玉 克哉 2017-04-25 13:53
3064 トランプ政権の東アジア地域協力への積極的姿勢 石垣 泰司 2017-04-22 18:40
3063 (連載2)変化しつつある北東アジアの安全保障環境 ←  (連載1)変化しつつあ 鈴木 馨祐 2017-04-21 09:58
3062 (連載1)変化しつつある北東アジアの安全保障環境 鈴木 馨祐 2017-04-20 22:21
3061 踏んだり蹴ったりの韓国外交 杉浦 正章 2017-04-20 07:55
3060 国務長官の存在の耐えられない軽さ 川上 高司 2017-04-19 11:05

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]