e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載2)アメリカの弱体化と世界の混乱の深刻なリスク ← (連載1)アメリカの弱体化と世界の混乱の深刻なリスク  ツリー表示
投稿者:児玉 克哉 (愛知県・男性・社会貢献推進機構理事長・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-01-27 21:09 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3003
 トランプ大統領もメディアは敵だ、という姿勢を明確にしている。ロイター(1月22日)によると「米ホワイトハウスは22日、トランプ大統領の就任式の観客数をめぐるメディア報道について、政権に対する不当な攻撃だと批判し、『全力で』戦う姿勢を示した」。メディアもトランプ批判では手加減をしていない。トランプ大統領は、メディアとの戦いでは情報管理やさらにはメディア管理にまで進んでいく可能性が高い。こうなるとメディアは「言論の自由を守る」という正義のスローガンを得ることになり、戦いはさらに加熱するだろう。

 アメリカ在住の移民はトランプ大統領誕生で不安を抱えている。まずは不法入国者の強制送還の可能性だ。オバマ政権の政策のもとでアメリカでの安定を掴みかけた彼らの未来は一気に不透明になっている。不安と恐怖が、強いトランプ反対へ駆り立てている。他の外国人や移民もトランプ大統領の政策を極右勢力が支持していることもあり、アメリカが住みづらくなると感じている。トランプ大統領の政策がどれくらい本格的に彼らに厳しいものになるか。それによっては、反トランプというだけではなく、人種間・民族間の亀裂をさらに深めることになるかもしれない。これはアメリカ社会の治安の悪化に繋がりかねない。

 女性運動家も激しくトランプ大統領を批判している。実際に、トランプ米大統領が就任した翌日の21日の抗議デモは女性が中心となって企画実行したものだ。女性運動家の魂に火がついたとでもいえようか。簡単にこの火を消せるとは思えない。トランプ大統領が火消しに力を注げば注ぐほど、この火は強く、広がっていくという感じだ。これまでのアメリカ大統領へ「不支持」とは異なるレベルでの「嫌悪的不支持」「不退転の不支持」を感じる。この状態でアメリカの政治や社会はまともに動くのだろうか。「アメリカ・ファースト」の志向は、外国との摩擦も生む可能性が高い。

 アメリカは分裂と相剋の時代に入った。第二次世界大戦後、いい意味でも悪い意味でもアメリカは世界のトップリーダーであり、世界の警察官であった。分裂と相剋のアメリカは、アメリカの混乱と世界の混乱を引き起こすリスクがある。私は特に国内の方が問題だと思っている。共和党であろうと、民主党であろうと、アメリカ大統領は国民からのリスペクトを受け、「民主主義の国・アメリカ」のスローガンのもとに、国の方向、世界の方向をリードしてきた。知識人からもメディアからもこれだけ嫌われる大統領はおそらく初めてではないだろうか。「大統領暗殺」の可能性を示唆する人も少なくない。分裂と相剋のトランプ・アメリカはどこへ行き着くのか、何をもたらすのか。(おわり)

No タイトル 投稿者 日時
3105 最近の対中経済関係について 中山 太郎 2017-06-26 10:20
3104 「日中韓三国経済シンポジウム」を傍聴して 中山 太郎 2017-06-23 18:26
3103 アフガニスタンの対応からみる大統領の責任放棄 川上 高司 2017-06-22 22:25
3102 (連載2)只見線と鉄道軌道整備法改正案について ←  (連載1)只見線と鉄道軌 鈴木 馨祐 2017-06-21 23:22
3101 (連載1)只見線と鉄道軌道整備法改正案について 鈴木 馨祐 2017-06-20 16:37
3100 (連載2)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7 ←  (連載1)トランプで 田村 秀男 2017-06-18 09:19
3099 (連載1)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7首脳 田村 秀男 2017-06-17 13:27
3098 (連載2)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で ←  (連載1)農業・漁業 児玉 克哉 2017-06-15 09:26
3097 トランプ対マスコミの対立は長丁場に 杉浦 正章 2017-06-15 09:17
3096 (連載1)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で 児玉 克哉 2017-06-14 23:42
3095 日本学術会議の「軍事的安全保障研究禁止」は現在も妥当か 加藤 成一 2017-06-13 18:52
3094 北朝鮮の核・ミサイル、圧力かけるべきは習主席 田村 秀男 2017-06-09 22:04
3093 (連載2)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする ←  (連載1)パリ協定か 鈴木 馨祐 2017-06-08 10:37
3092 (連載1)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする中国 鈴木 馨祐 2017-06-07 12:13
3091 最近の国際情勢から考える日本の取るべき道 中山 太郎 2017-06-06 08:23
3090 世界を揺るがす米国の外交政策転換 川上 高司 2017-06-05 16:03
3089 トランプ大統領の信認低下が景気を壊す 田村 秀男 2017-06-03 11:28
3088 本質は既得権益を擁護する官僚との戦い 杉浦 正章 2017-06-02 06:20
3087 党と中国企業のための「一帯一路」 田村 秀男 2017-05-31 16:36
3086 朝日は「破廉恥次官」が正義の味方か 杉浦 正章 2017-05-30 09:52

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]