e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)日本が存在感をみせて北朝鮮危機の収束を  ツリー表示
投稿者:児玉 克哉 (愛知県・男性・社会貢献推進機構理事長・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-05-08 18:13  
>>>この投稿にコメントする
No.3070
  安倍晋三首相は4月27日、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリンで会談した。プーチン大統領はウクライナ問題でEUと対立し、最近はシリア問題で米国とも対立している。トランプ大統領とは連携を組むようにみえたが、最近はアメリカのシリア空爆もあり、関係が悪化している。米露関係が冷え込む中で、朝鮮半島に緊張が走っている。

 先進国の中でプーチン大統領とまともに話せるのは安倍首相だけというくらいの重要なポジショニングを得ている。プーチン大統領の強引な手法に対して、ヨーロッパの首脳も距離を保ちながら付き合う状態である。そのプーチン大統領と長時間、「テタテ」、つまりサシの会談ができる関係というのは意味がある。ちなみに、トランプ大統領もそのアメリカ第一主義の政策などから距離をおく首脳も多い。その中で、安倍首相は27ホールのゴルフを交えての特別待遇の首脳会談を行なえる関係を作っている。トランプ大統領とプーチン大統領と長時間、会談できる首脳は現在のところ安倍首相だけという状態だ。米露関係が冷える中で、安倍首相の存在感が注目されている。

 トランプ大統領は習近平国家主席とは首脳会談をして、コミュニケーションラインは確立している。問題はプーチン大統領との関係だ。今回のプーチン大統領と安倍首相の首脳会談に対して、アメリカ側は懸念よりも期待の声を出しているといわれる。北方領土問題は長期戦の様相だ。2島返還という妥協案さえ簡単ではない。米露関係が悪化する中では軍事的視点からもロシアにとっての価値は高まっており、辛抱しながらの交渉しかない。ウラジーミル・シンゾウと呼び合う仲といっても、安倍首相は完全にアメリカ寄りであることは明白だ。オホーツク海の防衛において、米露対立の状況下では、ロシアが北方領土を手放すことはありえない。

 今回の会合で注目されるのは、北朝鮮問題におけるロシアの態度だ。北朝鮮問題において、習近平国家主席と金正恩最高指導者の関係が冷たくなるにつれ、プーチン大統領の役割が注目されてきた。現在、北朝鮮問題で鍵を握るのはロシアだ。北朝鮮と中国の関係が重要視されてきたが、ロシアとの関係はますます重要となっている。米露関係が冷え込む中では、ロシアは北朝鮮に親米傀儡政権が生まれることはなんとしても防ぎたい。すでにロシアは北朝鮮国境に軍隊を集合させているといわれる。読売新聞(4月27日付)は「北朝鮮の核・ミサイル開発を巡って緊張が高まる中、ロシアの一部メディアはロシア軍が北朝鮮との国境付近に部隊を展開し警戒を強めていると報じた」と書いている。アメリカに対して、武力行使をさせないという強いメッセージだ。(つづく)

No タイトル 投稿者 日時
3079 (連載2)波紋を呼んだFBI長官の解任 ←  (連載1)波紋を呼んだFBI長官 川上 高司 2017-05-19 10:41
3078 朝日と民共の「加計疑惑」は空鉄砲に終わる 杉浦 正章 2017-05-19 06:12
3077 (連載1)波紋を呼んだFBI長官の解任 川上 高司 2017-05-18 11:08
3076 (連載2)気候変動とBrexitにおける日本の立場 ←  (連載1)気候変動と 鈴木 馨祐 2017-05-16 18:15
3075 (連載1)気候変動とBrexitにおける日本の立場 鈴木 馨祐 2017-05-15 21:02
3074 「『最近の歴史認識問題について』を読んで」への回答 ←  「最近の歴史認識問題 中山 太郎 2017-05-12 13:25
3073 「最近の歴史認識問題について」を読んで ←  最近の歴史認識問題について 橋本 宏 2017-05-11 21:27
3072 (連載2)日本が存在感をみせて北朝鮮危機の収束を ←  (連載1)日本が存在感 児玉 克哉 2017-05-09 10:53
3071 韓国「金正恩バブル」の摩訶不思議 田村 秀男 2017-05-09 10:51
3070 (連載1)日本が存在感をみせて北朝鮮危機の収束を 児玉 克哉 2017-05-08 18:13
3069 「為替操作国」見送りにせせら笑う中国 田村 秀男 2017-04-28 12:40
3068 最近の歴史認識問題について 中山 太郎 2017-04-26 13:01
3067 (連載2)アメリカは北朝鮮にどのように攻撃するのか ←  (連載1)アメリカは 児玉 克哉 2017-04-26 10:27
3066 米の対中通商政策は日本に恩恵 田村 秀男 2017-04-25 18:01
3065 (連載1)アメリカは北朝鮮にどのように攻撃するのか 児玉 克哉 2017-04-25 13:53
3064 トランプ政権の東アジア地域協力への積極的姿勢 石垣 泰司 2017-04-22 18:40
3063 (連載2)変化しつつある北東アジアの安全保障環境 ←  (連載1)変化しつつあ 鈴木 馨祐 2017-04-21 09:58
3062 (連載1)変化しつつある北東アジアの安全保障環境 鈴木 馨祐 2017-04-20 22:21
3061 踏んだり蹴ったりの韓国外交 杉浦 正章 2017-04-20 07:55
3060 国務長官の存在の耐えられない軽さ 川上 高司 2017-04-19 11:05

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]