e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
ドイツの軋み音   
投稿者:岡本 裕明 (非居住者カナダ・男性・海外事業経営者・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-07-10 19:58 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3358
 ドイツの民間最大手銀行の一つ、ドイツ銀行の株価は近年のドイツの盛衰を表しているかもしれません。直近ではついに9ユーロを割り込みその下落は止まりません。NY市場では同行の株価はもっと顕著でリーマンショック前には150ドルを超えていたものが今、10ドルをかろうじて超える程度であります。つまり、15分の1であります。ドイツ銀行の経営に問題があるとささやかれ始めたのは昨日今日のことではありません。一時は天文学的なデリバティブの損失があるとも言われましたが、それ以外にCoCo債問題を含め、経営的に無理をし過ぎたところがあり、厳しい状況に立たされています。最近ではアメリカのFRBが行った金融機関35行のストレスチェックの資本計画において同社のアメリカ子会社が35行で唯一、不合格となっています。つまり、噂はやっぱり本当なのか、という疑惑に信憑性すら出てきているのです。

 もう一つ、注目しなくてはいけないのはドイツ銀行の筆頭株主が中国の海航集団であることです。海航集団は王岐山副主席の後ろ盾のもと、巨大なコングロマリットになったもののその借入金額は12兆円以上に上るとみられ、経営危機にあるとされています。同社の資金繰りのためにドイツ銀行の株式を複数回、売却したことも明るみに出ており、ドイツ銀行の株価がさらに下押しする要因となっています。ドイツ銀行はフォルクスワーゲンやボッシュのメインバンクであり、ドイツ銀行/海航集団のラインがドイツ自動車業界の肝を握る状況になっています。またベンツも別の中国企業が筆頭株主となっており、中国とドイツの密接な関係がうかがえます。

 そんな厳しい状況にあるドイツの代表的銀行を横目にメルケル首相も一時のパワーは全く感じさせられない防戦一方となっています。難民問題をめぐり、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と連立与党のキリスト教社会同盟(CSU)の間で亀裂が入っています。難民に対して厳しい姿勢を見せるCSUがメルケル首相と折り合いが付かず、CSUの党首で内相を務めるゼーホーファー氏が一時、内相を辞める姿勢を見せるなど混乱が広がっていました。今回はかろうじて紐一本でつながった感がありますが、この二党間の分裂が明白になればCDUは過半数を取れなくなり、メルケル首相の政治生命が脅かされるとみる筋もあります。

 ドイツは欧州危機の頃、EU内における圧倒的地位でドイツ帝国復活とも揶揄されてきました。しかしながらメルケル氏の左派的思想に対してトランプ大統領にみられる自己中心主義が世界中で芽生え、難民に対する根本思想も大きく変わってきました。欧州ではEU離脱を宣言している英国をはじめ、イタリアやハンガリーなど多くの国家が保守的姿勢に変わり、メルケル首相の立場は時代の流れとは異なり、厳しいかじ取りと言わざるを得ません。またドイツは中国との連携を強めることでウィンウィンの関係を築き上げてきたのですが、ここにきて中国国内の経済問題顕在化とともにルーズルーズの関係に逆転したことでその先行きには暗雲が漂ってきているのかもしれません。W杯で世界ランキング1位のドイツが屈辱的敗退をしたのも何かの予兆なのでしょうか?

No タイトル 投稿者 日時
3446 (連載2)移民政策と植民地主義の共通点 ←  (連載1)移民政策と植民地主義の 倉西 雅子 2018-11-16 05:54
3445 (連載1)移民政策と植民地主義の共通点 倉西 雅子 2018-11-15 20:02
3444 (連載2)試練を迎えた中国の新聞学院 ←  (連載1)試練を迎えた中国の新聞学 加藤 隆則 2018-11-13 07:49
3443 (連載1)試練を迎えた中国の新聞学院 加藤 隆則 2018-11-12 14:01
3442 韓国大法院「徴用工判決」はウィーン条約26条違反 加藤 成一 2018-11-10 20:37
3441 先の日印首脳会談の考察 中山 太郎 2018-11-08 13:41
3440 バチカンにみる中国の対台湾外交攻勢 中山 太郎 2018-11-06 11:44
3439 日韓は薄氷の関係に 岡本 裕明 2018-11-06 10:15
3438 国による行政不服審査請求「適格性」の法理 加藤 成一 2018-11-05 19:54
3437 文大統領の苦しい国家運営と支持率の関係 岡本 裕明 2018-11-02 19:19
3436 「元徴用工」判決が生む無際限なリスク 松田 純 2018-11-01 14:31
3435 安倍総理訪中から考える 中山 太郎 2018-11-01 12:28
3434 沖縄県に対する行政不服審査請求は違法か? 加藤 成一 2018-10-31 10:49
3433 相次ぐ謎の要人拘束は習主席の悪あがき 田村 秀男 2018-10-30 11:26
3432 (連載2)金正恩になびく文在演とトランプの警鐘 ←  (連載1)金正恩になびく 斎藤 直樹 2018-10-25 08:45
3431 (連載1)金正恩になびく文在演とトランプの警鐘 斎藤 直樹 2018-10-24 21:38
3430 INF全廃条約離脱の真意は対中国? 倉西 雅子 2018-10-23 19:56
3429 ブレット・カバノー氏のスキャンダルについて 佐藤 七海 2018-10-22 14:19
3428 「日本はガチンコ外交に備えよ」を読んで思う ←  (連載2)日本はガチンコ外交 中山 太郎 2018-10-22 12:30
3427 古色だったビットコインの発想 倉西 雅子 2018-10-19 21:09

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]