e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
「核先制不使用」をめぐって   
投稿者:鈴木 馨祐 (東京都・男性・衆議院議員(自由民主党)・40-49歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-02-20 11:32 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3262
 アメリカのNPR(Nuclear posuture Review=核戦略体制の見直し)が、というよりも、核の先制不使用の問題が話題となっています。オバマ大統領のときにも国際情勢からの判断により、核先制不使用に踏み込まなかったわけですが、そこに引き続き言及しなかったこと、ハード面においても、小型の核兵器の開発の加速をすることなどが論議を呼んでいるようです。前回の文書からの変更点がどこかなど、詳細な検証も必要ですが、ここでは、核戦略そのものについての所見を書かせていただきたいと思います。そもそも、冷戦期のように米ソの二大国が圧倒的な軍事力を持ち、お互いが相互確証破壊の状況であれば、核兵器保有国同士の間においては、核の先制不使用ということが、実質として担保されていました。英仏に関しては、他国への核攻撃という選択の余地や可能性は極めて低く、また中国にあっても、アメリカ、ソ連との圧倒的な能力の差により第二撃能力を持ち得ず、全ての核保有国の間で事実上の先制不使用、つまり核戦争が起こらないことが担保されていたわけです。

 もちろん、その当時にあっても、拡大核抑止、すなわち核の傘の有効性という観点では、同盟国の防衛に関しての古典的な議論がありました。そもそも、能力的に圧倒している国が率先して核の使用を行うインセンティブはありません。逆にその圧倒的な能力の差によって、第二撃能力により相手を確実に滅亡させられるということで、先制不使用を宣言していようがいまいが、他の国々に核の使用を考えさせもしないでこられたというのが従来の状況です。アメリカが優位にある状況下にあっては、どのようにして、それ以外の国が核を使用するインセンティブを潰すことができるのか、この点が極めて重要です。核の先制不使用という宣言そのものが、所詮は政治プロパガンダ的なものであって、そのことは、従来それに言及してきたのが、核戦力に関しては圧倒的な劣勢におかれていた中国だけということからも推して知るべしです。そしてその中国が、SLBMやDF41の開発により第二撃能力を手に入れ、かつ米国との差を縮めることに成功しつつある段階になって、自らの先制不使用の撤回をにおわせ、アメリカの今回の方針に異を唱えていることも将にその証左です。

 アメリカの観点からすれば、自国の安全保障は当然のこととして、そのために核戦争を起こさない、ということを考えれば、「先制不使用」あるいは小型核の開発は、それをすること、しないことによる、核戦争及び大規模な戦争を起こさせないというテーゼにおける有効性からのみ純粋に判断されるべき問題のはずです。その点を考えたとき、問題の本質は、クリミアや台湾海峡など、ロシアや中国が、そして北朝鮮が、実際に核を使用する誘惑に駆られうる今の状況をどう判断するかという点につきます。実際クリミアにおいて核の使用がプーチン大統領の頭をよぎったというようなことも言われていますし、北朝鮮はもちろんのこと、中国においても先制不使用を撤回するというようなメッセージが軍上層部からおそらくは意図的に出されてもいます。

 この様な極めて不安定な状況下で、アメリカが自らの安全や同盟国の安全を守ることを考えたとき、核の先制不使用にあえて言及したり、小型核兵器の開発の遅れを放置しておくことが果たして適切な選択なのかと言えば、そこには疑問が残ります。むしろ、中国やロシア、北朝鮮といった現実的な脅威に対して、アメリカはそうした国々の通常兵器や化学兵器、生物兵器による攻撃に関しては核の反撃を行わないのだと言うメッセージを与えることになりかねず、核が通常の戦争の抑止にならないという結果を招くことになってしまいます。核における現状のアメリカの他国に対する大きな優位を考えれば、核を切り離した場合のアメリカの抑止力は、現実問題、相対的に低下してしまいます。そして、このことが世界の平和安定、特にバルト三国を含むロシアの周辺地域や、台湾海峡、東シナ海、南シナ海等の中国の周辺地域の安定に与える影響は極めて大きいものがあります。このように考えたとき、今回のアメリカのNPRは、中国やロシア、北朝鮮をはじめとして、緊張が極めて高まっている国際情勢を考えれば、やむを得ない見直しだと言えますし、その後の各国の反応に鑑みれば、邪心を抱く国に対しては適切なメッセージになったのではないかと思われます。

No タイトル 投稿者 日時
3344 (連載2)政治ショーと化した米朝首脳会談と今後 ←  (連載1)政治ショーと化 斎藤 直樹 2018-06-20 08:35
3343 (連載1)政治ショーと化した米朝首脳会談と今後 斎藤 直樹 2018-06-19 08:03
3342 米ドルが国際基軸通貨ゆえの世界の悩み 倉西 雅子 2018-06-16 16:44
3341 外国人労働者受け入れ拡大に思うこと 岡本 裕明 2018-06-16 16:40
3340 米朝関係に持ち込まれた「人間臭さ」という新しい要素 篠田 英朗 2018-06-15 11:08
3339 米朝首脳会談が終わって 鈴木 馨佑 2018-06-15 10:59
3338 中国の「一帯一路」問題は台湾に聞け 田村 秀男 2018-06-13 22:33
3337 物価上昇に懐は耐えられるか 田村 秀男 2018-06-09 16:35
3336 (連載2)米朝首脳会談の決断と非核化という難題 ←  (連載1)米朝首脳会談の 斎藤 直樹 2018-06-08 07:36
3335 欧州の軋み音 岡本 裕明 2018-06-07 13:18
3334 (連載1)米朝首脳会談の決断と非核化という難題 斎藤 直樹 2018-06-07 08:16
3333 米離脱後でもイラン核合意は維持できるのか? 倉西 雅子 2018-06-04 11:43
3332 不十分な日本の対北朝鮮外交 岡本 裕明 2018-05-31 10:44
3331 (連載2)米朝首脳会談に向けた仕切り直しと不確実な ←  (連載1)米朝首脳会 斎藤 直樹 2018-05-30 10:18
3330 (連載1)米朝首脳会談に向けた仕切り直しと不確実な先行き 斎藤 直樹 2018-05-29 20:16
3329 北方領土問題と日ロ関係 鈴木 馨佑 2018-05-29 16:31
3328 「高プロ制度」導入は日本の生産性革命に不可欠 加藤 成一 2018-05-28 19:25
3327 (連載2)米朝首脳会談に向けた綱引きと不透明な見通 ←  (連載1)米朝首脳会 斎藤 直樹 2018-05-24 07:04
3326 (連載1)米朝首脳会談に向けた綱引きと不透明な見通し 斎藤 直樹 2018-05-23 18:40
3325 根強い中国人の西洋崇拝を描いた卒論 加藤 隆則 2018-05-23 12:14

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]