e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
最近の中国外交   
投稿者:中山 太郎 (東京都・男性・非営利団体非常勤職員・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-01-10 13:26 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3231
 米国の戦略研究者のエドワード・ルトワック(同人の著書は、習近平も読んでいるといわれる)が、池上彰との対談で(文芸春秋 1月号)、中国は外交が下手だと述べている。中国の傍若無人の最近の動きは、周辺国のみならず世界に警戒感をもたらしている。こうした点に関して、知人のインドおよび中国の学者と、最近の中国外交について懇談を行った。

 まず知人のインド人学者との懇談の内容を紹介したい。同インド人学者は、2013年ごろ「中国はインドの最大の貿易相手国だ。国境問題、中国・パキスタン関係など摩擦要因はあるものの貿易、投資、観光その他インド・中国関係は右肩上がりだ。日米がインドと提携を求めてくるのは、インドに『中国へのヘッジ』の役割を期待してのことだろう。それには全面的に乗るわけにはゆかない」と力説していた。しかし、同インド人学者が昨年末には、「2016-17年にかけ印中間の貿易額は伸びて700億ドル以上になった。しかし、インドの赤字額は500億ドル以上だ。中国商品の急増はインドの国内産業に壊滅的な打撃を与えている。期待した投資は、日本の250億ドル以上にはるかに及ばず、16億ドル程度だ。それに中国の投資は、インドの大手製薬会社買収など敏感な部門が多い。一方、インドは、AIIB、一帯一路には参加している。中国経済の発展の恩恵に乗り遅れまいとしてはいる。インドの動きは、錯綜した部分もある。昨年5月の中国での『一帯一路』サミットに印は欠席した。習近平の面子をつぶした形だ。中国は、例により色々嫌がらせを仕掛けてきている。ブータンでの中国による道路建設はその一例だ。外交の場面で、中国はインドの違法行為を様々な形で言いふらしている」と中国脅威論を滔滔と述べていた。

 小生から、息子が上海勤務で上海訪問の機会が多いオランダの知人からもらったクリスマスメッセージに、上海で戦時中日本がいかにユダヤ人を虐待したかに触れられていて、中国はここまでやるかと思ったと伝えると、そのインド人学者は、「オランダは西欧各国の中でドイツを除くと一番ユダヤ人を虐殺したといわれている。だから、彼らは日本などがユダヤ人を虐待したというと、それに飛びついて宣伝活動を行う。こうした点は、中国は上手い。一方、西欧の心ある人々は、民主主義、法の支配、基本的人権概念にことごとに文句をつけ、こうした考えは、中国を領土的に分離、経済的に挫折させるのが狙いだという中国に少し嫌気がさしているようだ。勿論彼らもインドと同じように、最近のマクロン大統領の訪中にみられるように中国の経済発展にあやかる姿勢には変わりはない。米学者が上海の公園に建てられた『犬と中国人は入るべからず』の看板について永久に非難されると述べていることや、上海副市長が述べた『上海の中産階級がみなアメリカ人のハウスボーイを持った時点で中国はやっと真の金持ちとなったと納得する』は、今の中国を理解する鍵となる言葉だ。同じ共産党独裁体制のベトナムでさえ、反中国感情が強くなっている。マティス米国務長官が、2018年ベトナムのカムラン湾へ米空母を寄港させることで、ベトナムと合意したとの発言は注目される」と述べていた。

 次に、知人の中国人学者との懇談の内容を紹介したい。小生より、最近の中国の日本への微笑はどう考えたらよいのかと質問したところ、その中国人学者は、「貧しい国との連携には、やはり限度がある。例えばベネズエラに一時、中国人が50万人以上滞在し、投資も活発に行った。しかし、同国は今や破産国だ。中国は金をどぶに捨てたも同然だ。金のある国との経済関係の大事さに気づきだしたわけだ」と述べた。小生から「すると中国外交は、強硬路線からソフト路線へ変わるということなのか」と問うたところ、中国人学者は「それは、誰にも分からない」と答えた。そして続けて、「自分が注目した公開情報は、中央公論1月号の『日中知識人座談会』だ。この座談は、党大会前に行われたようだが、今頃掲載された。行間を読むと如何に知識人が口をふさがれフラストレーションを抱えているかが伺える」と述べていた。小生より「中国国内の政治の不安定さに対する懸念があるのか?」と質問したところ、同人は、笑って答えなかった。

No タイトル 投稿者 日時
3237 (連載2)金正恩による南北対話への戦術転換とその狙 ←  (連載1)金正恩によ 斎藤 直樹 2018-01-17 09:32
3236 (連載1)金正恩による南北対話への戦術転換とその狙い 斎藤 直樹 2018-01-16 19:56
3235 中国人学生の考える 「望ましいAI」 加藤 隆則 2018-01-13 23:56
3234 トランプは習近平に金正恩征伐をさせるのか 田村 秀男 2018-01-13 18:14
3233 “中国の夢”は恒常的黒字国 倉西 雅子 2018-01-13 13:56
3232 平成30年の年頭にあたって 鈴木 馨祐 2018-01-10 20:52
3231 最近の中国外交 中山 太郎 2018-01-10 13:26
3230 新年明けましておめでとうございます 伊藤 憲一 2018-01-01 00:01
3229 1ドル=100円より円安なら景気は大丈夫か? 田村 秀男 2017-12-27 23:31
3228 緊迫する東アジア 鈴木 馨祐 2017-12-27 23:26
3227 増税は新元号時代もデフレにする 田村 秀男 2017-12-23 20:27
3226 「忖度」はなぜ流行語になったのか? 加藤 隆則 2017-12-23 20:20
3225 似て非なる真珠湾攻撃と北朝鮮問題 倉西 雅子 2017-12-21 11:03
3224 (連載2)北朝鮮危機に対する習近平指導部の姿勢の変 ←  (連載1)北朝鮮危機 斎藤 直樹 2017-12-19 10:11
3223 (連載1)北朝鮮危機に対する習近平指導部の姿勢の変化 斎藤 直樹 2017-12-18 11:49
3222 「北朝鮮ミサイルと漁船漂着は国難」を読んで思う 中山 太郎 2017-12-15 22:21
3221 改元ムードの中で考えるべき経済政策 田村 秀男 2017-12-15 20:03
3220 スタートアップ(起業)ビザの「創設」 鈴木 馨祐 2017-12-14 18:23
3219 中国は平和主義国家なのか 倉西 雅子 2017-12-13 19:50
3218 「習近平思想」ではなく「習近平の新理念」 ←  習近平の中国は文革時代に近づい 金井 進 2017-12-09 17:22

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]