e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
北朝鮮問題の平和的解決は可能か   
投稿者:加藤 成一 (兵庫県・男性・元弁護士・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-12-05 06:52 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3214
 北朝鮮は、11月29日新型大陸間弾道ミサイルを日本海に向けて発射し、日本の排他的経済水域に落下させた。これにより北朝鮮は、核弾頭搭載可能の大陸間弾道ミサイルが米国本土全域を射程に収めた、と宣言している。その真偽については諸説があるが、いずれにせよ、もはや看過できない事態と言えよう。問題は、度重なる国連決議に違反して、北朝鮮が計6回の核実験と長距離弾道ミサイルの発射を繰り返し、もはや事実上の「核保有国」として、一定の「核抑止力」を獲得したとみられる北朝鮮に対し、果たして平和的手段すなわち国連等の経済制裁と対話のみによって、核とミサイルを放棄させることが可能かどうかは冷静に分析する必要がある。その場合、北朝鮮の核・ミサイル開発の究極の目的を検証する必要がある。

 核・ミサイル開発の目的が、北朝鮮の体制維持のみであれば、米国が体制維持を保証すれば、放棄の可能性はあろう。しかし、北朝鮮の亡命外交官太永浩元イギリス大使館公使は、11月1日米下院外交委員会公聴会で、「北朝鮮指導部は、南ベトナムからの米軍撤退の経過を研究している。現在の韓国を南ベトナムに見立て、そこから在韓米軍を撤退させるため、核やミサイルで圧力をかける。圧力に屈した米国が在韓米軍を撤退させれば、外資が引き上げ、南ベトナム同様に韓国の体制崩壊につながる、というのが金正恩委員長の狙うシナリオだ。」(11月2日ワシントン時事)と証言している。仮に、この証言内容が事実とすれば、北朝鮮による核・ミサイル開発の究極の目的は、体制維持ではなく、北朝鮮主導による「朝鮮半島統一」であることは明らかである。

 そうすると、北朝鮮に対しては、核とミサイルを手段とする「朝鮮半島統一」の目的そのものを放棄させない限り、北朝鮮に核とミサイルを放棄させることは不可能ということになる。しかし、北朝鮮が、平和的手段すなわち国連等の経済制裁と対話のみによって、金日成以来の国是である「朝鮮半島統一」の目的を自ら放棄することはあり得ないであろう。そうだとすれば、あとは軍事的手段による解決しか残されていないことになる。他国による侵害が差し迫ったものであるという「急迫性」の要件と、なされた自衛措置が他国による侵害と釣り合いのとれたものでなければならないとする「均衡性」の要件を充足すれば、特定の攻撃が急迫していると信じるに足りる合理的理由があれば、他国による武力攻撃が発生していない段階でなされる先制的自衛措置も、国際法上許容されると解されている(山本草二著「国際法」新版732頁~733頁、2003年有斐閣刊)。

 歴代日本政府の憲法解釈でも合憲とされる、座して死を待たない「敵基地攻撃能力」もこれに該当すると言えよう。度重なる国連決議を無視して核実験と弾道ミサイル発射を繰り返し、日本及び米国に対して、「日本列島を核爆弾で海に沈める。」「米国本土を灰にする。」などと恫喝する北朝鮮の脅威が急迫し、且つその脅威に対処するため他に選択肢がない、すなわち平和的手段による解決が不可能であると米国が最終的に判断した場合に、米国による北朝鮮に対する先制攻撃は、上記国際法理論によれば許容される余地がある、と解すべきであろう。

No タイトル 投稿者 日時
3223 (連載1)北朝鮮危機に対する習近平指導部の姿勢の変化 斎藤 直樹 2017-12-18 11:49
3222 「北朝鮮ミサイルと漁船漂着は国難」を読んで思う 中山 太郎 2017-12-15 22:21
3221 改元ムードの中で考えるべき経済政策 田村 秀男 2017-12-15 20:03
3220 スタートアップ(起業)ビザの「創設」 鈴木 馨祐 2017-12-14 18:23
3219 中国は平和主義国家なのか 倉西 雅子 2017-12-13 19:50
3218 「習近平思想」ではなく「習近平の新理念」 ←  習近平の中国は文革時代に近づい 金井 進 2017-12-09 17:22
3217 平成30年度予算編成の基本方針について 鈴木 馨祐 2017-12-09 04:53
3216 高村副総裁の「日中関係」記事への所感 中山 太郎 2017-12-08 11:39
3215 北朝鮮のミサイル発射実験への対応 鈴木 馨祐 2017-12-08 00:34
3214 北朝鮮問題の平和的解決は可能か 加藤 成一 2017-12-05 06:52
3213 エネルギ-・ツァーの座を狙うプーチン 川上 高司 2017-12-04 18:55
3212 習近平の中国は文革時代に近づいているのか? 加藤 隆則 2017-12-02 22:19
3211 「洋の東西」に分ける日本と「東方西方」の中国 加藤 隆則 2017-12-02 21:35
3210 習近平主席の“皇帝気取り”は自己矛盾 倉西 雅子 2017-12-01 14:22
3209 日本は脱石炭に舵を切るべきではないのか 鈴木 馨祐 2017-11-29 20:15
3208 習近平が安倍に見せた「笑顔」と軍事パレード 加藤 隆則 2017-11-28 17:06
3207 (連載2)メディアはSNSとどう向き合うべきか ←  (連載1)メディアはSN 牛島 薫 2017-11-25 10:52
3206 (連載1)メディアはSNSとどう向き合うべきか 牛島 薫 2017-11-24 22:31
3205 今次ASEAN+3首脳会議の評価 菊池 誉名 2017-11-24 14:34
3204 北朝鮮を巡る米中の動向 中山 太郎 2017-11-24 12:21

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]