e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
今次ASEAN+3首脳会議の評価   
投稿者:菊池 誉名 (東京都・男性・日本国際フォーラム主任研究員・30-39歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-11-24 14:34 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3205
 さる11月13から14日にかけて、フィリピンのマニラで一連のASEAN関連首脳会議が開催された。同一連の会議については、日本国内でも連日大きく報道されたが、その多くが東アジア・サミット(EAS)にトランプ大統領が欠席したことや、北朝鮮やロヒンギャの問題について話し合われたことばかりに焦点が当てられていた。こうした協議が進展したことは歓迎すべきことであるし、またこれらがASEAN関連首脳会議の一側面を示していることも間違いない。しかし、これら一連の首脳会議、特にASEAN+3(APT)首脳会議は、設立当初から、経済、金融、防災、食料安全保障など様々な分野における機能的協力を推進し、さらに将来的な東アジア共同体構築を目標に、その「主要な手段」となることが首脳間で合意されて本日まで運営され続けてきたものであり、その観点から分析しなければ本質を見誤ってしまうであろう。そこで本稿では、機能的協力と東アジア共同体の観点から、本年のAPT首脳会議の成果を考察し、今後のあり方について若干のコメントを行いたい。

 まず、機能的協力について、今次会議ではチェンマイ・イニシアチブやASEAN+3マクロ経済事務局の一層の強化が確認されるとともに、新たに「食料安全保障に関する声明」が採択され、さらに日本からは高齢者の生活向上を図る「アジア健康構想」が提案されるなど、引き続き域内協力の拡大を期待させるものとなったといえる。他に、APT設立20周年をふまえて、首脳間で「ASEAN+3協力20周年に係わるマニラ宣言」が合意されたことも大きな意義がある。というのも、この宣言は1999年の「東アジアにおける協力に関する声明」、2007年の「東アジア協力に関する第二共同声明」につぐ首脳間の包括的内容の合意声明であるが、歴代の声明がAPT域内の協力を推進する基盤となってきたことを考えると、今後の地域協力の進展にとって大きな成果となることが期待できるからである。

 次に、東アジア共同体について、今次会議で目立ったのは東アジア経済共同体(EAEC)に向けた動きである。EAECは、2012年にAPT首脳に提出された東アジア・ビジョン・グループⅡ(EAVG2)報告書において提起された構想であるが、丁度同じ時期に、日本主導の東アジア包括的経済連携(CEPEA)構想と中国主導の東アジア自由貿易圏(EAFTA)構想が収斂して新たに東アジア地域包括的経済連携(RCEP)が打ち出されたこともあり、今日まで閣僚・首脳レベルであまり取り上げられることがなく特段の進展がみられなかった。それが今次会議においては、中国の李克強首相が地域統合のためにEAEC構築に向けて進んでいくべきである旨のスピーチを行い、先にのべた「ASEAN+3協力20周年に係わるマニラ宣言」の中でもEAECについて数回にわたる言及がされている。これらの動きから推測すると、今後中国はAPTの中でEAEC構築に向けてイニシアチブをとっていこうとしているものとみられる。この点については、日本として注意が必要になってくるだろう。というのも、近年中国は東アジア運命共同体、AIIB、一帯一路などの地域枠組みを次々と打ち出しているが、そのいずれも、いまのところ透明性や公正性などの観点から懸念が生じているからである。つまり、EAEC構築を目指すこと自体は日本として反対するものではないだろうが、その内容については注意が必要だということである。

 以上のように、今次APT首脳会議を考察すると、機能的協力においてはさらなる進展がみられ評価できるが、東アジア共同体においては中国によるEAEC構想への傾注が顕在化し、それには一定の懸念があるということであろう。それではこうした現状の中で、日本はどのような対応をとるべきであろうか。一つには、これまで日本が、EAS設立に向けて各国の対立が表面化した2004年に打ち出した「論点ペーパー」をはじめ、折りにふれて普遍的価値原則を根本に据えた共同体のあるべき姿を提起し、それがもととなって地域統合を推し進めたという経験にならうことではないか。EAECをはじめ、東アジアを対象とした地域統合・協力構想が次々に打ち出されているなかで、再び日本より普遍的価値原則を根本に据えた共同体のあるべき姿を打ち出し、共同体が追求すべき原則を地域で再確認しつつ、同時にAPTの特徴である機能的協力を強化し、この地域の信頼醸成と統合を進展させていていくことが必要である。

No タイトル 投稿者 日時
3223 (連載1)北朝鮮危機に対する習近平指導部の姿勢の変化 斎藤 直樹 2017-12-18 11:49
3222 「北朝鮮ミサイルと漁船漂着は国難」を読んで思う 中山 太郎 2017-12-15 22:21
3221 改元ムードの中で考えるべき経済政策 田村 秀男 2017-12-15 20:03
3220 スタートアップ(起業)ビザの「創設」 鈴木 馨祐 2017-12-14 18:23
3219 中国は平和主義国家なのか 倉西 雅子 2017-12-13 19:50
3218 「習近平思想」ではなく「習近平の新理念」 ←  習近平の中国は文革時代に近づい 金井 進 2017-12-09 17:22
3217 平成30年度予算編成の基本方針について 鈴木 馨祐 2017-12-09 04:53
3216 高村副総裁の「日中関係」記事への所感 中山 太郎 2017-12-08 11:39
3215 北朝鮮のミサイル発射実験への対応 鈴木 馨祐 2017-12-08 00:34
3214 北朝鮮問題の平和的解決は可能か 加藤 成一 2017-12-05 06:52
3213 エネルギ-・ツァーの座を狙うプーチン 川上 高司 2017-12-04 18:55
3212 習近平の中国は文革時代に近づいているのか? 加藤 隆則 2017-12-02 22:19
3211 「洋の東西」に分ける日本と「東方西方」の中国 加藤 隆則 2017-12-02 21:35
3210 習近平主席の“皇帝気取り”は自己矛盾 倉西 雅子 2017-12-01 14:22
3209 日本は脱石炭に舵を切るべきではないのか 鈴木 馨祐 2017-11-29 20:15
3208 習近平が安倍に見せた「笑顔」と軍事パレード 加藤 隆則 2017-11-28 17:06
3207 (連載2)メディアはSNSとどう向き合うべきか ←  (連載1)メディアはSN 牛島 薫 2017-11-25 10:52
3206 (連載1)メディアはSNSとどう向き合うべきか 牛島 薫 2017-11-24 22:31
3205 今次ASEAN+3首脳会議の評価 菊池 誉名 2017-11-24 14:34
3204 北朝鮮を巡る米中の動向 中山 太郎 2017-11-24 12:21

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]