e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
「中国は自由貿易主義だ」との言葉を逆手にとれ   
投稿者:田村 秀男 (東京都・男性・ジャーナリスト・60-69歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-04-05 11:58 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3050
 トランプ米政権は新国内政策の目玉である医療保険制度改革(オバマケア)代替法案が撤回を余儀なくされ、出だしからつまずいた。失地挽回は通商など対外政策に求めるしかない。4月には、先の日米首脳会談で合意した日米経済対話が始まるばかりではない。大統領は安倍晋三首相も招いたフロリダ州の別荘「マール・ア・ラーゴ」で中国の習近平国家主席と会談する。習氏は「保護主義を追い求めることは、暗い部屋に閉じこめるようなもの」(1月の世界経済フォーラム=ダボス会議=での発言)と大見得を切った。実際には、中国こそは関税・非関税両面での貿易障壁を張り巡らせている。市場は共産党官僚の裁量次第で不透明きわまりない。

 対するトランプ氏は「公正貿易」の名のもとに高関税による制裁を振りかざすので、保護貿易主義者のレッテルを貼られているが、米国が公正で透明度の高い自由な市場国家であるという現実は世界のだれもが認めるだろう。米中首脳があべこべの立場で話し合うとは、何とも面妖だ。中国は世界最大の輸出大国であり、米国は最大の輸入国で、中国は輸出をひたすら増やし、輸入を減らしている。米国は輸出、輸入とも上向きだが、輸入が圧倒的に大きい。中国は典型的な重商主義国であることは明らかで、それをおくびにも出さずに「中国は門戸を開き続け、閉じることはない」(ダボス会議での習氏の発言)とはよくぞ言ったものだ。

 ならば、トランプ氏は習氏の言質を逆手にとればよい。開かれた貿易国家を自負するなら、対中進出する外資を無理やり国有企業との合弁出資にさせることも、知的財産権を侵害する慣行も、ネットのアクセス制限や監視も、海外への送金規制も、輸入車への高関税も…と障壁例は限りなくあるが、すべて撤廃してはどうかと、トランプ・チームは迫ればよい。政治的に気に入らない政策をとった国からの輸入を党指令のもとに制限する。あるいは、その国の進出企業に暴徒を差し向けて石を投げ、火をつける自由貿易国家が存在するとは聞いたことはないね、とトランプ氏得意のつぶやきをツイッターで流せばよい。そして、それを中国国内でもアクセスできるんだろうねと、マール・ア・ラーゴでのくだけた夕食会の席上で習氏に耳打ちすればよい。

 思えば、米国は中国に大甘過ぎた。一つは中国が世界一の成長市場だという思い込みと、もう一つは核ミサイルをぶっ放しかねない北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の抑え役として期待したからだが、いずれも裏切られっ放しだ。それは、日本の外交も同じだが、米国が目覚めたら、追随するだろう。従来の路線に縛られないトランプ氏にはできる。議会側もそれなら全面賛成だ。麻生太郎副総理兼財務相が経済対話の場で、相方のマイク・ペンス副大統領に話すべき点はそれしかないはずだ。

No タイトル 投稿者 日時
3105 最近の対中経済関係について 中山 太郎 2017-06-26 10:20
3104 「日中韓三国経済シンポジウム」を傍聴して 中山 太郎 2017-06-23 18:26
3103 アフガニスタンの対応からみる大統領の責任放棄 川上 高司 2017-06-22 22:25
3102 (連載2)只見線と鉄道軌道整備法改正案について ←  (連載1)只見線と鉄道軌 鈴木 馨祐 2017-06-21 23:22
3101 (連載1)只見線と鉄道軌道整備法改正案について 鈴木 馨祐 2017-06-20 16:37
3100 (連載2)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7 ←  (連載1)トランプで 田村 秀男 2017-06-18 09:19
3099 (連載1)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7首脳 田村 秀男 2017-06-17 13:27
3098 (連載2)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で ←  (連載1)農業・漁業 児玉 克哉 2017-06-15 09:26
3097 トランプ対マスコミの対立は長丁場に 杉浦 正章 2017-06-15 09:17
3096 (連載1)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で 児玉 克哉 2017-06-14 23:42
3095 日本学術会議の「軍事的安全保障研究禁止」は現在も妥当か 加藤 成一 2017-06-13 18:52
3094 北朝鮮の核・ミサイル、圧力かけるべきは習主席 田村 秀男 2017-06-09 22:04
3093 (連載2)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする ←  (連載1)パリ協定か 鈴木 馨祐 2017-06-08 10:37
3092 (連載1)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする中国 鈴木 馨祐 2017-06-07 12:13
3091 最近の国際情勢から考える日本の取るべき道 中山 太郎 2017-06-06 08:23
3090 世界を揺るがす米国の外交政策転換 川上 高司 2017-06-05 16:03
3089 トランプ大統領の信認低下が景気を壊す 田村 秀男 2017-06-03 11:28
3088 本質は既得権益を擁護する官僚との戦い 杉浦 正章 2017-06-02 06:20
3087 党と中国企業のための「一帯一路」 田村 秀男 2017-05-31 16:36
3086 朝日は「破廉恥次官」が正義の味方か 杉浦 正章 2017-05-30 09:52

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]