e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載2)金正男氏暗殺で問われる韓国の方向性 ← (連載1)金正男氏暗殺で問われる韓国の方向性  ツリー表示
投稿者:児玉 克哉 (愛知県・男性・社会貢献推進機構理事長・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-02-26 21:37 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3024
 最も重要なポイントは韓国の動向だ。現在、この混乱の中にありながら、朴大統領は弾劾訴追案が採決され、朴政権は機能不全に陥っている。中国と朴・韓国は、昨年までは極めて密接な関係を築いていた。それが韓国の経済発展の一要因でもあった。しかし昨年、THAAD配備が議論されるようになってから、関係が急速に冷えた。現在は、蜜月どころか対立に近いような雰囲気が漂う。ここで私が注目するのは、反朴大統領の凄まじい運動である。大統領の弾劾にこれだけ多くの人が動員されていることは異常な状態だ。どうであろうともう1年で朴大統領の任期は終わるし、その間も暫定的な実質的指導者をたてればいいだけだ。これだけ大規模なデモを毎週のように行うのには、資金もかなりかかる。北朝鮮からの工作員が扇動しているという説も聞かれる。しかし、北朝鮮だけではできないような規模だ。中国が背後にいてもおかしくない。実際に反朴運動はかなり左寄りであり、朴政権の後には、親北・親中路線になると予想されている。

 つまり韓国は、激しく揺れる東アジア情勢の中で、アメリカを中心とした米韓日同盟に傾く路線と中国を中心とした中韓北連携に傾く路線とが同時に動いている。アメリカは、北朝鮮の挑発を契機に、THAAD配備を強要し、米日韓の連携を進めようとしている。今回の金正男暗殺事件のように、安定しない金正恩政権に見切りをつけるとともに、一気に韓国も親中政権にしてしまうことを模索するのは当然だ。北朝鮮がより「中国化」したら、中国は直接的にアメリカが背後にいる韓国と接したくない。

 そもそも、中国からすれば、朝鮮半島は中国の支配下にあったものという感覚がある。歴史的に見ても、朝鮮は中国の圧倒的に大きな影響を受け続けてきた。朝貢冊封関係を続け、元号も中国の元号を使っていたわけで、中国の属国に戻るのが自然だと思ってもおかしくない。中国の1950年代後半の歴史教科書をみたことがあるが、そこには中国の領土線とさらに広大な「中国の領土であるが、現在は暫定的に帝国主義支配下にある地域」の境界線があった。東南アジアのかなりと朝鮮半島は全部入っていた。ちなみに沖縄もその中にあった。

 トランプ旋風が吹き荒れ不安定な国際関係。金正男暗殺事件は、揺れ動く東アジア情勢をさらに混乱に陥れそうだ。韓国は、アメリカと中国に挟まれて、非常に難しい選択を迫られそうだ。東アジア情勢はかなりリスクがある危険な状態になりつつある。アメリカも、中国も、ロシアも、日本も、大きな動きが起きて欲しくないのが本音だ。金正恩氏がさらに過激な行動をしないことを祈るが、そんな祈りは通用しないようだ。(おわり)

No タイトル 投稿者 日時
3105 最近の対中経済関係について 中山 太郎 2017-06-26 10:20
3104 「日中韓三国経済シンポジウム」を傍聴して 中山 太郎 2017-06-23 18:26
3103 アフガニスタンの対応からみる大統領の責任放棄 川上 高司 2017-06-22 22:25
3102 (連載2)只見線と鉄道軌道整備法改正案について ←  (連載1)只見線と鉄道軌 鈴木 馨祐 2017-06-21 23:22
3101 (連載1)只見線と鉄道軌道整備法改正案について 鈴木 馨祐 2017-06-20 16:37
3100 (連載2)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7 ←  (連載1)トランプで 田村 秀男 2017-06-18 09:19
3099 (連載1)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7首脳 田村 秀男 2017-06-17 13:27
3098 (連載2)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で ←  (連載1)農業・漁業 児玉 克哉 2017-06-15 09:26
3097 トランプ対マスコミの対立は長丁場に 杉浦 正章 2017-06-15 09:17
3096 (連載1)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で 児玉 克哉 2017-06-14 23:42
3095 日本学術会議の「軍事的安全保障研究禁止」は現在も妥当か 加藤 成一 2017-06-13 18:52
3094 北朝鮮の核・ミサイル、圧力かけるべきは習主席 田村 秀男 2017-06-09 22:04
3093 (連載2)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする ←  (連載1)パリ協定か 鈴木 馨祐 2017-06-08 10:37
3092 (連載1)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする中国 鈴木 馨祐 2017-06-07 12:13
3091 最近の国際情勢から考える日本の取るべき道 中山 太郎 2017-06-06 08:23
3090 世界を揺るがす米国の外交政策転換 川上 高司 2017-06-05 16:03
3089 トランプ大統領の信認低下が景気を壊す 田村 秀男 2017-06-03 11:28
3088 本質は既得権益を擁護する官僚との戦い 杉浦 正章 2017-06-02 06:20
3087 党と中国企業のための「一帯一路」 田村 秀男 2017-05-31 16:36
3086 朝日は「破廉恥次官」が正義の味方か 杉浦 正章 2017-05-30 09:52

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]