e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)早くも囁かれ始めたポスト・トランプの可能性  ツリー表示
投稿者:児玉 克哉 (愛知県・男性・社会貢献推進機構理事長・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-02-10 23:39  
>>>この投稿にコメントする
No.3012
 アメリカでトランプ大統領が誕生してからまだ半月が経ったに過ぎない。しかしすでに国内外で反トランプの嵐が吹き荒れている。8年前、オバマ大統領は国内の高支持率と海外の期待で祝福され誕生した。日本でも歓迎の声一色と言っていい状態であったし、ヨーロッパも中国も高評価であった。就任後すぐにノーベル平和賞受賞というおまけもあった。トランプ大統領は波乱の船出だ。まずは国内の反トランプデモが活気づいた。私の知人らも「トランプ氏を大統領から引摺り下ろす」と執念を燃やしている。彼らの決意は大統領就任以降の一連の政策で一層強まった。国際的にも多くの国を敵に回してしまった。イスラム圏、ラテンアメリカ、中国は明らかに敵対しており欧州でも反トランプの動きは強い。忠犬の日本にもケンカを売る発言があり安倍政権も困惑だ。ほぼ全世界を敵に回しつつある。

 トランプ氏の政策は刺激的で熟慮された戦略が必要であったがあまりに急で雑な展開であった。大統領就任後すぐに、メキシコ国境の壁、イスラム7カ国の国民に対して入国禁止、シリア難民の入国の禁止など矢継ぎ早に刺激的な政策を展開している。国内外から強い批判の声が高まっている。最初の段階で躓くとこれからトランプ大統領の政策展開に大きな障害になる。テロとの戦いも逆に困難になるしアメリカ経済にも悪影響になりかねない。現在注意すべきは大統領本人の安全だ。大変なトランプ劇場の幕開けだ。トランプ大統領は敵を作るのに躊躇はない。既にほとんどのメディアは反トランプの姿勢を明確にしている。異常な状況だ。アメリカの大学関係者が相当な割合でトランプ倒しに動いている。反対運動に関わる研究者や学生は少なくない。いわゆるオピニオンリーダーの多くがトランプ大統領を酷評するのだから、トランプ政権のレジティマシーが崩されることに繋がる。

 すでにポスト・トランプの議論がされている。もちろん4年後の話ではない。それまでにトランプ大統領が辞める可能性とその後が話されているのだ。過去に大統領に昇格した副大統領は9人である。病死、暗殺、辞任の3つのパターンがある。大統領が病死により副大統領が昇格したのは4人だ。1841年にウィリアム・ヘンリー・ハリソン大統領が病死し、ジョン・タイラー副大統領が昇格した。同様に、1850年にテイラー大統領病死によりミラード・フィルモア副大統領が、1923年にハーディング大統領病死によりカルヴァン・クーリッジ副大統領が、1945年にフランクリン・ルーズベルト大統領病死によりハリー・トルーマン副大統領がそれぞれ大統領に昇格している。

 暗殺により大統領に昇格した副大統領は4人。1865年にリンカーン大統領暗殺によりアンドリュー・ジョンソン副大統領が、1881年にガーフィールド大統領暗殺によりチェスター・アーサー副大統領が、1901年にマッキンリー大統領暗殺によりセオドア・ルーズベルト大統領が、1963年にケネディ大統領暗殺によりリンドン・ジョンソン副大統領が、それぞれ大統領に昇格した。大統領が辞任に追い込まれて、副大統領が昇格したのは1例だけだ。1974年にニクソン大統領辞任によりジェラルド・フォード副大統領が昇格した。オバマ大統領が44代アメリカ大統領になる。その中には上記の副大統領から昇格した9ケースがあるわけで、それを引けば、35人の内、9人の大統領が病死、暗殺、辞任のいずれかで交代となったことになる。かなりの確率だ。(つづく)

 

No タイトル 投稿者 日時
3079 (連載2)波紋を呼んだFBI長官の解任 ←  (連載1)波紋を呼んだFBI長官 川上 高司 2017-05-19 10:41
3078 朝日と民共の「加計疑惑」は空鉄砲に終わる 杉浦 正章 2017-05-19 06:12
3077 (連載1)波紋を呼んだFBI長官の解任 川上 高司 2017-05-18 11:08
3076 (連載2)気候変動とBrexitにおける日本の立場 ←  (連載1)気候変動と 鈴木 馨祐 2017-05-16 18:15
3075 (連載1)気候変動とBrexitにおける日本の立場 鈴木 馨祐 2017-05-15 21:02
3074 「『最近の歴史認識問題について』を読んで」への回答 ←  「最近の歴史認識問題 中山 太郎 2017-05-12 13:25
3073 「最近の歴史認識問題について」を読んで ←  最近の歴史認識問題について 橋本 宏 2017-05-11 21:27
3072 (連載2)日本が存在感をみせて北朝鮮危機の収束を ←  (連載1)日本が存在感 児玉 克哉 2017-05-09 10:53
3071 韓国「金正恩バブル」の摩訶不思議 田村 秀男 2017-05-09 10:51
3070 (連載1)日本が存在感をみせて北朝鮮危機の収束を 児玉 克哉 2017-05-08 18:13
3069 「為替操作国」見送りにせせら笑う中国 田村 秀男 2017-04-28 12:40
3068 最近の歴史認識問題について 中山 太郎 2017-04-26 13:01
3067 (連載2)アメリカは北朝鮮にどのように攻撃するのか ←  (連載1)アメリカは 児玉 克哉 2017-04-26 10:27
3066 米の対中通商政策は日本に恩恵 田村 秀男 2017-04-25 18:01
3065 (連載1)アメリカは北朝鮮にどのように攻撃するのか 児玉 克哉 2017-04-25 13:53
3064 トランプ政権の東アジア地域協力への積極的姿勢 石垣 泰司 2017-04-22 18:40
3063 (連載2)変化しつつある北東アジアの安全保障環境 ←  (連載1)変化しつつあ 鈴木 馨祐 2017-04-21 09:58
3062 (連載1)変化しつつある北東アジアの安全保障環境 鈴木 馨祐 2017-04-20 22:21
3061 踏んだり蹴ったりの韓国外交 杉浦 正章 2017-04-20 07:55
3060 国務長官の存在の耐えられない軽さ 川上 高司 2017-04-19 11:05

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]