e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
トランプ大統領の対中強硬策は本物   
投稿者:田村 秀男 (東京都・男性・ジャーナリスト・60-69歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-01-26 21:46 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3002
 トランプ米大統領が「おれは『一つの中国』に縛られない」と何度も言い切り、北京の習近平政権をあわてさせている。「一つの中国」とは、1972年のニクソン訪中以来の中国共産党の台湾に対する基本原則であり、米国は中国の立場を承認としてきた。ところが、トランプは従来の路線を維持するかどうかは、中国の人民元政策、通商、南シナ海への海洋進出、北朝鮮の問題での出方次第だ、と踏み込んだ。例によってトランプ大統領流の荒っぽい恫喝だとみなす向きもワシントンにはいるようだが、トランプ大統領がそれだけ強硬になれるだけの根拠はある。

 米歴代政権はまずは、旧ソ連との冷戦に勝つために「チャイナカード」を使う必要があったし、冷戦終了後は中国市場での米企業の商業権益獲得を優先した。中国はこの間、人民元を安いレートでドルに固定し、外国企業から資本と技術を導入すると同時に輸出を急速に拡大し、経済の高度成長を実現し、2010年には日本を抜いて米国に次ぐ経済超大国になった。中国市場で儲ける企業にとってはよかっただろうが、中国製品との競争で不利に立った米産業界は工場を閉じて中国に進出し、白人中間層は製造業での雇用を失った。他方で経済パワーを背景にして北京は急速に軍拡を進め、南シナ海などへの膨張に乗り出し、安全保障上の脅威をまき散らしている。

 それでもワシントンが北京との対決を避け、融和路線をとってきた最大の要因は、債務国米国の弱みからくる。2008年9月のリーマン・ショック後、米国債の最大のスポンサーになった北京に対してワシントンは下手に出ざるを得なかったのだ。局面はここに来て変わった。昨年8月以来、中国から資本逃避が加速している。中国人民銀行は人民元相場暴落を防ぐために外貨準備(外準)資産の米国債を売って人民元を買い支える。それでもニューヨーク・ウォール街が安心していられるのは、北京による米国債売却をはるかに上回る人民元資金がドルに転換されて、ドル資産に投じられるからだ。ワシントンもニューヨークも北京による米国債売りを気に病む必要は全くなくなった。

 資金流出額は年間で1兆~1・2兆ドル(115兆~138・5兆円)とすさまじく、外準の縮小に歯止めがかからない。資金流出には中国企業による外国企業買収など合法的な対外投資が含まれるが、5割以上は中国の不動産相場下落や人民元安を嫌った資本逃避によると米欧の金融機関はみている。米国がチャイナマネーを欲しがらなくても、中国の方からまるで巨額の避難マネーが国境を越えて押し掛ける。トランプ大統領はウォール街の盟主、ゴールドマン・サックス出身者を政権の要職につけた。言うことをきかないと、ウォール街から中国資本を締め出すぞ、とでも言わんばかりだ。

No タイトル 投稿者 日時
3022 トランプ政権にちらつく「第2のプラザ合意」 田村 秀男 2017-02-24 20:43
3021 岩手県の東日本大震災被災地の現在 鈴木 馨祐 2017-02-23 20:06
3020 自民は、特例法で早期退位を実現せよ 杉浦 正章 2017-02-22 07:05
3019 (連載3)中国の環境規制厳格化に揺れる日系企業 ←  (連載2)中国の環境規制 児玉 克哉 2017-02-19 18:48
3018 (連載2)中国の環境規制厳格化に揺れる日系企業 ←  (連載1)中国の環境規制 児玉 克哉 2017-02-18 22:16
3017 “一つの中国”は両刃の剣ー台湾主導もあり得る 倉西 雅子 2017-02-17 20:06
3016 (連載1)中国の環境規制厳格化に揺れる日系企業 児玉 克哉 2017-02-17 14:30
3015 中韓、安倍訪米で牽強付会の論調 杉浦 正章 2017-02-16 06:19
3014 「日米摩擦再燃」とうろたえるな! 田村 秀男 2017-02-15 10:51
3013 (連載2)早くも囁かれ始めたポスト・トランプの可能 ←  (連載1)早くも囁か 児玉 克哉 2017-02-11 20:44
3012 (連載1)早くも囁かれ始めたポスト・トランプの可能性 児玉 克哉 2017-02-10 23:39
3011 自由市場経済の通念を変えるトランプ政権の発足 田村 秀男 2017-02-10 23:32
3010 (連載2)グローバリズムと保護主義の狭間で揺れる中 ←  (連載1)グローバリ 児玉 克哉 2017-02-08 18:31
3009 (連載1)グローバリズムと保護主義の狭間で揺れる中国 児玉 克哉 2017-02-07 17:39
3008 トランプ・ブームが誘う中国の自滅 田村 秀男 2017-02-04 14:39
3007 イスラム7か国の国民に関するトランプ大統領令 鈴木 馨祐 2017-02-03 10:20
3006 「日韓合意」破棄の再交渉に応じてはならない 加藤 成一 2017-02-03 09:55
3005 トルコはアジアかヨーロッパか 川上 高司 2017-01-31 10:52
3004 危機的な状況になりつつある日本の財政 鈴木 馨祐 2017-01-31 10:49
3003 (連載2)アメリカの弱体化と世界の混乱の深刻なリス ←  (連載1)アメリカの 児玉 克哉 2017-01-27 21:09

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]