e-論壇「百家争鳴」 e-論壇「百家争鳴」 東アジア共同体評議会 東アジア共同体評議会
 「百家争鳴」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)アメリカの弱体化と世界の混乱の深刻なリスク  ツリー表示
投稿者:児玉 克哉 (愛知県・男性・社会貢献推進機構理事長・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-01-26 21:35  
>>>この投稿にコメントする
No.3001
 1月20日にアメリカ・トランプ大統領が誕生した。8年前にオバマ大統領が誕生した時は、アメリカでも世界の各国でも大歓迎のムードであった。オバマ大統領誕生時の支持率は68%であるのに対して、トランプ大統領の支持率は45%であった(ギャラップ社調査)。支持率が低いだけでなく、不支持率も高いのがトランプ大統領である。アメリカの大統領誕生時には、ご祝儀相場として、支持率は高く、不支持率は低くなるものである。それが誕生時ですでに拮抗している。強い反発があることがわかる。

 8年前、オバマ大統領の「チェンジ」を国民は求めた。それが、8年後の今、トランプ大統領によるオバマ・チェンジとは異なったチェンジを国民は求めたと言える。オバマ・チェンジの方向とトランプ・チェンジの方向は真逆に近い。つまりオマバ・チェンジの方向がまだ残る状態で、トランプ・チェンジが引き起こされようとしているわけで、2つの方向にアメリカは分裂しつつあるのだ。言葉は「チェンジ」で同じだが、意味するものは正反対。アメリカは分裂と相剋へと向かい始めた。

 トランプ大統領に関しては、あまりに敵が多いことが懸念材料だ。日本では、トランプ氏を警戒する声が強かったが、彼が勝利すると、中国への牽制にもなるかという見方もあり、当面は様子見という感じだ。しかし、アメリカでは状況は異なる。極めて厳しい対抗ムードがある。私のアメリカの研究者の友人の多くは、トランプ反対に全力を出している。トランプ氏の大統領就任に関して、「反対キャンペーン」をするために、「忙しくてほかの仕事をやってられない」というメールが届く。彼らは、トランプ大統領の誕生はアメリカの終わり、世界の終わりだ、というくらいの感覚だ。

 アメリカの大学ではかなりマジョリティがトランプ大統領に反対である。アメリカの大学ではリベラル派が幅をきかせてきたが、最近は保守派も有力になりつつある。しかし、その保守派も含めて、トランプ大統領には反対の意向を示している。世論を動かす知識人階級では、圧倒的にトランプ反対の声が強い。これは学生にも影響を与える。またメディアも露骨なくらい反トランプだ。アメリカは二大政党の国であり、普通は支持・不支持が分かれる。日本のように形式的「中立」をとらずに、明確に政党や政治家の支持・不支持を打ち出すものだ。トランプ大統領に関してはほとんどのメジャー・メディアが半トランプ大統領となっている。アメリカでは稀な現象といえる。(つづく)

No タイトル 投稿者 日時
3105 最近の対中経済関係について 中山 太郎 2017-06-26 10:20
3104 「日中韓三国経済シンポジウム」を傍聴して 中山 太郎 2017-06-23 18:26
3103 アフガニスタンの対応からみる大統領の責任放棄 川上 高司 2017-06-22 22:25
3102 (連載2)只見線と鉄道軌道整備法改正案について ←  (連載1)只見線と鉄道軌 鈴木 馨祐 2017-06-21 23:22
3101 (連載1)只見線と鉄道軌道整備法改正案について 鈴木 馨祐 2017-06-20 16:37
3100 (連載2)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7 ←  (連載1)トランプで 田村 秀男 2017-06-18 09:19
3099 (連載1)トランプではなく膨張中国に翻弄されるG7首脳 田村 秀男 2017-06-17 13:27
3098 (連載2)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で ←  (連載1)農業・漁業 児玉 克哉 2017-06-15 09:26
3097 トランプ対マスコミの対立は長丁場に 杉浦 正章 2017-06-15 09:17
3096 (連載1)農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で 児玉 克哉 2017-06-14 23:42
3095 日本学術会議の「軍事的安全保障研究禁止」は現在も妥当か 加藤 成一 2017-06-13 18:52
3094 北朝鮮の核・ミサイル、圧力かけるべきは習主席 田村 秀男 2017-06-09 22:04
3093 (連載2)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする ←  (連載1)パリ協定か 鈴木 馨祐 2017-06-08 10:37
3092 (連載1)パリ協定から離脱するアメリカと悪乗りする中国 鈴木 馨祐 2017-06-07 12:13
3091 最近の国際情勢から考える日本の取るべき道 中山 太郎 2017-06-06 08:23
3090 世界を揺るがす米国の外交政策転換 川上 高司 2017-06-05 16:03
3089 トランプ大統領の信認低下が景気を壊す 田村 秀男 2017-06-03 11:28
3088 本質は既得権益を擁護する官僚との戦い 杉浦 正章 2017-06-02 06:20
3087 党と中国企業のための「一帯一路」 田村 秀男 2017-05-31 16:36
3086 朝日は「破廉恥次官」が正義の味方か 杉浦 正章 2017-05-30 09:52

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]